家紋

​  KAMON

家紋は、日本文化の中で息づいてきた、自らの家系、

家柄を象徴する紋所となります。

自分が存在している脈々と続く歴史のマーク、と言っても良いでしょう。

古くは、刀・甲冑などの武具に使われ、

武家・公家だけに許されていましたが、

平安時代以降人々の暮らしに広がり、

江戸の庶民文化の中では、身分に関わらず使われていました。

限られた階級のヨーロッパ貴族だけに使われた紋章とは異なり、

日本の紋所は、一般庶民にも広く使われた点は大きな違いでしょう

​木瓜紋

​木瓜の帯どめ

​薩摩藩 島津家の紋

富山県 「写楽」様の暖簾

富山湾で捕れた地の魚を頂ける、素晴らしいお料理をご提供されるお寿司屋さん

40年以上続く老舗のお寿司屋さんですが、先々代がその昔、

薩摩より移住され、こちらで開業をされたとのこと。

その故郷を想い、本来の家紋とは別に、薩摩藩島津家の紋章を暖簾に残し、

寿司屋の伝統を守り続けていらっしゃいます。

家柄を表すばかりでなく、

【家紋】にはその背景や歴史を

感じさせてくれるSTORYもあるようです。

礼服を着る機会も少なくなり、

家紋が多くの場面で見られなくなったものの、

老舗旅館の暖簾、歌舞伎の世界などでは、

現代も尚日常的に使われています。

着物は、私たち日本人の民族衣装。

ハレの場にはもちろん、日本文化の心を忘れず、

時に着物で身を装いたいもの。

着物を着る機会も少なくなってきていますが、

着物に袖を通せば、

心が整います。

ご先祖様からの御守りを感じ、恥じることのないような自分で在りたい・・・

 

凛と背筋が伸び行きます。

 

母から娘へ、孫へと代々受け継ぐことが出来る、素敵な帯留めです。

 

貴方の証 脈々と続く貴方の御家柄を

お残しになりませんか​?

 

ご結婚のご贈答にも喜ばれる逸品です。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now